東京ひとり暮らし@都会指数25%

東京の1人暮らしで見たモノ食べたモノ感じたコトなどをつづります

スポンサーリンク

六花亭(北海道)の「カラフル・マンス」を食べた

2016 年 4 月 9 日


きのうの「桔梗信玄餅」と同じく、阿佐ヶ谷のイトーヨーカドーの催事販売で買ったものなんですが。

北海道は「六花亭」の、「カラフル・マンス」(40枚入り税込み749円)というチョコレートです。
六花亭(北海道)のカラフル・マンス
長さ17cmくらいの小さな箱の割りに値段がそこそこするんで、どうかな?とチョット迷ったんですが。

オレが行ったときに売り場にはほとんど在庫が無くなってる状態だったんで、もしかして人気商品なのかもと買ってみた次第。

その名を表すようなパッケージは、カラフルな円を描いたデザインが施されてまして。

中身のチョコレートも、そのデザインそのままにカラフルで円い形をしていますよ。

“カラフル”は英語ですが、“マンス”というのはフランス語で「薄い」という意味らしく。

直径3cmほどの薄くて平べったいチョコは、500円玉より一回り大きいくらいのサイズ。

中央にややふくらみがあって周辺に向かって薄くなってて、片面に大きく“R”の文字と“ROKKATEI”という店名がレリーフになってます。

その形状は、まるでコートやブレザーについてる大きなボタンのようですね。

色とりどりの8つのチョコは、それぞれ以下の8つのフレーバがついてます。

・ビター
・紅茶
・メープル
・抹茶
・ラズベリー
・ストロベリー
・マンゴー
・パッション

原材料名を見ると、「紅茶・メープルシュガー・抹茶・ラズベリー粉末・乾燥苺・マンゴー粉末・パッションフルーツ粉末」と記載されてまして。

香料も少し使われてますが、ほぼ天然の素材を使って香りや味付けがされてるようですよ。

着色料も使われてないようで、この豊かな彩りはすべて天然のものというところも好印象です。

さて8種類ものたくさんの味のチョコは、食べる前からどれから食べよう等と考えるだけでワクワクしますね。

早速食べてみると薄くて一口サイズのチョコは、口に入れたとたんスーッと無くなってしまうような口溶けのよさです。

とはいえ、その濃厚な味や香りのおかげで満足感は高く。

とりわけ「ラズベリー・ストロベリー・マンゴー・パッション」のフルーツ系は、どれもがまるで果実を濃縮してチョコレートにしたような味わいでして。

それぞれがフルーツの香りや酸味までチョコレートで上手く再現していて、美味しくて面白い味わいになってますよ。

それから「メープル」味のチョコは、8種類の中でも特にオレのお気に入りとしておすすめしたいです。

口が楽しいとはこういうことなんだと気づかされるような、バラエティーに富んだチョコレートですね。

賞味期限は6/22になってますので、2ヶ月以上日持ちするようです。

まぁ値段的にはあまり手頃ではないので、たまの楽しみとして食べるとかプレゼント用や北海道土産にするのがよろしいかと。

そしてとても薄い品ですから割れないように、持ち運びの際は乱暴に扱わないようご注意を。

楽天やアマゾンのネット通販で、お取り寄せもできます。

六花亭「カラフル・マンス」

amazonで探す

楽天で探す


コチラの記事もどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Category & Tags

-東京スイーツ三昧
-, , , ,

コメントはこちらをクリック

RSS & Feedly

rss feed
follow us in feedly
スポンサーリンク