東京ひとり暮らし@都会指数25%

東京の1人暮らしで見たモノ食べたモノ感じたコトなどをつづります

スポンサーリンク

清正製菓(熊本)の「熊本城いちょうパイ」を食べた

2016 年 8 月 20 日


先月の始め頃に、スーパーマーケットの催事販売で買ったものなんですが。

フードパル熊本に「白い貴婦人」という直営店を持つ菓子メーカー「清正製菓」の、「熊本城いちょうパイ」(6枚入り税込み648円)です。
清正製菓(熊本)の熊本城いちょうパイ
なぜ“熊本城”で“いちょうパイ”なのかと言いますと、“熊本城”は“銀杏(ぎんなんじょう)”とも呼ばれるそうで。

なんでも築城時に城主の加藤清正が植えたとされる、城内のイチョウの木に由来する別名とのこと。

というわけでこの「熊本城いちょうパイ」は、その名にちなんでつくられたお菓子なんですね。

そしてイチョウの葉っぱが描かれた箱を開けると、個包装になった「熊本城いちょうパイ」はその形もイチョウの葉そのもの。

大きさは縦横が10cm×11cmといったところで、トランプよりも一回り大きいくらいですかね。

こんがり焼き色の付いた表面には、砂糖がまぶされてます。

食べてみると、パイらしいサックリとした歯応えと香ばしい甘さ。

そして「熊本城いちょうパイ」の名のとおり、隠し味として“ぎんなん”の粉が使われてるんだそうですが。

まさしく隠し味らしく、その味は隠れていて言われても分からない程度ですね。

割と肉厚でサイズもけっこう大きめなんで、美味しいだけでなくナカナカ食べ応えのあるパイ菓子ですよ。

賞味期限は9/2になってますから、購入日から計算して日持ちは50日くらいでしょうか。

熊本土産として、是非おすすめしたい一品ですね。

ところでこの菓子のモチーフとなった熊本城は現在、地震の被害で破損して修復に20年はかかるとも言われてますが。

天守閣に登ったりはできませんが、城の周りを見学することはできるようになったそうなんで。

熊本に行く機会がありましたら、熊本城にも立ち寄ってみてはいかがかと。

楽天やアマゾンのネット通販で、お取り寄せもできます。

清正製菓「熊本城いちょうパイ」

amazonで探す

楽天で探す


コチラの記事もどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Category & Tags

-東京スイーツ三昧
-, , , , , ,

コメントはこちらをクリック

RSS & Feedly

rss feed
follow us in feedly
スポンサーリンク